私たち宏道会は、剣道と静坐を通じて、正し

く楽しく仲良く、​お互いに励ましあって本物

の「道」を究め、至誠の人たらんことを目的

とする道場です。

        

当道場は昭和31年に設立され、令和3年をも

って65周年を迎えた歴史ある道場です。

時代に寄り添いながらも「剣道本来の面目」

を曲げず、真っ直ぐな稽古に励んでいます。

       

なお、最高師範には小川忠太郎先生(剣道範

士九段・警視庁剣道主席師範・小野派一刀流

免許皆伝・故人)をお迎えし、長年にわたり

本物の剣道をご教授賜りましたが、先生没後

も教えを忠実に守り、今日まで稽古を続けて

います。

<師範> 佐瀬霞山、栗山令道

<会長> 岡根谷無刀

<目標> 正しく、楽しく、仲良く

<五戒> 一、嘘をついてはいけない

     一、怠けてはいけない

     一、やりっ放しにしてはいけない

     一、我がままをしてはいけない

     一、人に迷惑をかけてはいけない

<小川忠太郎先生語録より>

 ・剣道は打った打たれた、勝った負けたを

  争うものではない。

 ・竹刀は真剣と思わなければいけない。

  そうでないと、本当の剣道が分からない

  まま終わってしまう。

 ・正しいことをやり抜くほど楽しいことは

  ない。